催促の電話について

キャッシングのサービスを利用していて、返済日がきても返済の金額をしっかりと返済しない状態で放置しておくとどのような状況になるのか確認をしておきましょう。まずはそのような状況になると、キャッシングのサービスを利用した金融の業者より催促の連絡が掛かってきます。

催促の連絡があった後に特にしっかりと返済をしていれば特に問題はありません。しかしここでこの催促の電話を無視し続けた場合にはどのようになるのでしょうか。まずは返済が遅れることで遅延した分の利息が加算されてしまいます。

キャッシングを利用することでただでさえ利息が発生しているのにさらに返済を遅延することで利息が上乗せされてします。できるのでしたらしっかりと返済日までに決まった金額は返済するようにしてください。それでは遅延が発生した場合にはいったいどのくらいの利息が加算されるようになるのか確認をしておきましょう。

一般的に消費者金融の場合でしたら通常の遅延の利息であれば年利息およそ30%程度になります。もし50万円を借りた場合をシュミレーションしてみましょう。年間の利息は150000円になります。それで一日換算をすることで約411円の計算になります。もしこれが8か月後に返済するとなるとどうなるでしょうか。

それは98640円となってしまいます。元金の50万円と合わせて98640円を返済することになってしまうのです。このような状況にならないようにしっかり返済はするようにしましょう。詳しくは専業主婦カードローン情報館をご覧ください。

Comments are closed.